女性

心配な症状が現れたら相談|強靭なメンタルでうつ病を吹き飛ばそう

早期発見のために重要

悩む男性

こんな症状に要注意

「買い物にスーパーに来たのはいいが何を買っていいか分からなくなってしまった」「仕事で判を捺すべきか否か決められない」といった状況に陥ったことはありませんか。もしかするとその症状はうつ病のサインかもしれません。この2つの例に共通しているのは判断力の欠如です。うつ病というと、とかく落ち込むだとか元気が無くなる病気だというイメージが強く、それは決して間違いではありませんが、うつ病の症状は決してそういったものばかりではありません。上記の例の他にも、不眠症や頭痛、腰痛などといった痛みの症状や、食欲や性欲の減退及び増加といった身体の症状を訴える方も少なくはありません。とある調査によると、うつ病で精神科などのクリニックを受診している患者さんの半数程度が最初は別の病気を疑い、他科受診を経てうつ病だと判明したという結果が報告されています。従って、なかなか消えない痛みの症状や不眠症などにお悩みの方は、一度うつ病を疑ってみる必要があるかもしれません。精神科と聞くとハードルが高いように感じられるかもしれませんが、現在では街のあちこちに心療内科やメンタルクリニックが点在していますので、自分の生活圏の中で通えそうなクリニックに1度足を運んでみると良いでしょう。

ボーダーラインは2週間

プライベートで悩みを抱えていれば、仕事の決断力が鈍ったり、失恋したりなどで眠れないときもあるでしょう。しかし、これらのありふれた日常の1コマと、うつ病をはっきり見分ける方法は、その症状が2週間以上続いているかどうかにあります。これは、落ち込みなどの抑うつ状態にも言えることで、単なる落ち込みの場合は完全回復に至るまでの時間はかかるかもしれませんが、2〜3日もすれば少しずつ回復傾向がみられます。また、友人に愚痴を聴いてもらったり、飲み会などに参加したりすることにより気晴らしが出来ます。しかし、うつ病の場合は落ち込んだ感情が2週間以上変わらない、または悪化しているケースもみられますし、気晴らしのために無理矢理何かをしてみても全く気が晴れるということはありません。これらに合わせて、本来は夢中になれる趣味などに全く関心が持てなくなってしまうなど、無気力状態の症状を併発することもあります。うつ病もその他の病気と同様に早期発見が治療への近道となります。思い当たる症状が2週間以上続いている方は精神科など専門医のいる病院・クリニックの受診をお勧め致します。