女性

心配な症状が現れたら相談|強靭なメンタルでうつ病を吹き飛ばそう

治療のために必要なこと

ハートと聴診器

薬の重要性

うつ病にかかった場合、精神科に通院を勧められるのが一般的です。心療内科でも治療してもらうことは可能ですが、一般的にこうした病院はうつ病によって身体に症状が発生した場合に足を運びます。うつ病は気分障害の一種であり、その代表的な症状は抑うつです。こうした症状に悩まされている場合、心療内科よりも精神科の方が適切な治療を受けられるのです。うつ病治療を病院で受けた場合、薬を処方してもらえる点がとても魅力的です。うつ病から発生する抑うつ症状は患者さんを自殺に追い込んでしまいこともありますが、薬を服薬すれば精神状態を安定させられるケースも多いのです。またうつ病は悪化した場合、社会生活が疎外されるような症状を発症することもあります。記憶障害や集中力の欠如が酷くなれば日常的に行えていた単純な雑務が手につかなくなることも珍しくありません。病院で薬を処方してもらえばこうした症状を予防することもできるのです。うつ病で選択できる薬には種類があります。もしも医師から処方された薬で適切な効果が得られなかった場合は変更を希望してみましょう。自身にあう薬が見つかれば症状が劇的に治まるケースもあるのです。また処方された薬は自己判断で減らしたりやめたりしないようにしましょう。

原因に応じた治し方

人がうつ病を発症する原因は複数挙げられます。最も代表的なのが環境的な要因です。職場でパワハラにあったり学校でいじめを受けた場合、人は過度のストレスに悩まされ心を追い込んでしまいます。こうした周辺環境が原因になってうつ病を発症してしまうのです。心に感じている特定のストレスがある場合、薬だけでは治らないこともあるでしょう。こうした患者さんには認知行動療法やカウンセリングのような治療方法を併用して病を癒すことが大切です。薬では症状を抑えることはできても、患者さんが心に抱えている問題を解決することはできません。そのため、うつ病が治ったと思っても再発してしまうケースがあるのです。病を根本的に治したい場合は、カウンセラーなどと話して問題を整理すると良いでしょう。うつ病を診察している心療内科や精神科の中には、院内にカウンセラーを在籍させている場所も存在しています。また中には、特定の病気にかかったためにうつ病を発症している方や、遺伝的な原因でうつになっている方がいます。このような患者さんは病院で適切な薬を処方してもらい、うつ病を治すことが大切です。また産後うつの場合は、ホルモンバランスを整えるための治療を受けましょう。